お知らせ

2016/09/21

感謝!1周年

本日で、吉祥寺みやま鍼灸院1周年を迎えました!

ありがたいことです!

患者さんに支えられての院があることを忘れずに
これからも精進していきますので
よろしくお願いします!

深山

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/09/06

9月まだまだ熱中症にご注意

9月に入りました!
が、暑い時期がまだまだ続いております。

今年は残暑もきついそうですし、台風もまだ来るそうです、、、
まだまだ熱中症(暑邪・湿邪)に気をつけて過ごしていきましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/08/01

夏の養生 夏の邪気:暑邪(夏バテ・食欲不振)

8月ですね!
自分は大好きな季節ですが、夏の暑さが苦手という方も多いと思います。

梅雨の時期に湿邪というのを書きましたが、
最近の夏の過ぎた暑さのことを東洋医学的に「暑邪」といいます。
暑とは、陽のエネルギーのひとつで
体を動かしたり、活性化するエネルギーと言われています。

ですが、それが過ぎると邪になって人体に悪影響を与えます。
陽のエネルギーが強すぎると、顔のほてりや喉の渇き、多汗などの症状が出始め
そのエネルギーを外に出そうと汗をずっとかいてると
体が疲労して、倦怠感や不眠、動悸、いらいらなど色々な症状を呈します。
暑邪は「心」に影響するといわれ、
熱中症や脳梗塞を引き起こします。

この暑邪の影響を受けないためには、日ごろの養生が大切になってきます。
食べ物で言えば、このころ旬を迎える
トマトやきゅうり、にがうり、スイカなどは
体の余分な熱を奪うといわれていますし、
ミョウガやわさび、ねぎなどは、
気を巡らせる効果や7
夏の食材が傷みやすい対策としての殺菌作用があるので、
これらの食材を積極的に取るのもいいと思います。

この時期、冷たいものをどうしても多く取りがちですが、
冷たいものを食べると、内臓の冷えを解消するため体内に熱が発生しますし、
胃腸の働きを弱らせ、それが食欲不振や夏バテの原因となるので注意しましょう!

現代の夏は、暑の強さもありますが
冷房などで、実は冷えてしまう時期でもあります。
外で汗をかいた状態で、冷房の効いた場所に入ると
汗が冷えてしまったり、汗を出す汗腺という場所が開いてる為、
冷えが体内に容易に侵入してきます。
外出するときは、タオルなども持って汗は拭くよう心掛けましょう。

東洋医学的養生法
東洋医学では、夏のこの時期は陽気が盛んになり、体内のエネルギーを発散させる時期と言われます。
この時期は、早寝早起きをして、体を動かして適度に汗をかくことが大事と言われます。
といっても日中はリスクが高いので、なるべく朝・夕方がいいと思います。
もちろん、水分摂取は忘れずに!
この時期喉が渇いたと思った時には、もう体内は脱水に近い状態です。
この時期の水分摂取は喉渇いてないなぁと思っていても、こまめに取るよう心がけましょう!

季節ごとの特徴に注意して、元気に過ごしましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/08/01

8月の予定

8月

4・11・18・25日(木曜日)
21日(日曜日)

休ませていただきます。
よろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/07/03

夏本番 倦怠感・胃腸の不具合などに気をつける!

そろそろ、夏も本番になりそうですね。
自分的には海に入りに行きたいなぁと思う季節です。

この季節、毎年のことですが熱中症に注意です。
こないだ新聞にも載っていましたが、
熱中症、去年救急車で運ばれた方のほとんどは屋内だったそうです。
家にいるから、喉渇いてないから
と思わず、この時期は定期的に水分を取るようにしましょう!

熱中症とともに夏気をつけなければいけないのは、
夏バテです。
夏バテと一言に言っても、色々な症状があります。
倦怠感・食欲不振・胃腸の不具合・自律神経失調症など
夏の暑さやクーラーに対応できずに
これらの症状が出ることがあります。

暑いからといって、冷たいものを食べ・飲み過ぎたり
すると、倦怠感・胃腸の不具合の原因になります。
最近では、常温の飲み物も販売されているので、なるべく冷えすぎたものをとらないよう心がけることが大事です。

寝汗をかくと就寝中にもかかわらず、体がずっと働いている状態なので、
寝た気がしなかったり、倦怠感の原因になります。
就寝中クーラーをうまく活用したり(冷え過ぎないよう26℃位)
寝る前に足(足首中心)を暖めることによって、体をうまく冷やすことができるので
試してみてください。

建物内や電車など、この時期クーラーで冷えすぎていることがよくあります。
暑いところから冷えたところに行ったり来たりしていると
自律神経の失調につながります。
外が暑いからといって、薄着だけで出掛けるのではなく
羽織れるものを準備しておくのが大事です。
汗を拭く用とともにタオルを首に巻いておくのもいいと思います。

夏、爽やかな、活動的な時期をうまく過ごしていきましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/06/05

湿邪(この時期の下痢・むくみ・倦怠感)

とうとう梅雨に入りましたね。

じめじめして、すっきりしないこの時期
東洋医学では、湿邪が旺盛になる時期といわれています。

湿邪には、粘り気や濁りという性質を持つと言われ
体内に侵入すると、代謝や気の流れを停滞させ、
体の倦怠感、関節痛、下痢、むくみ、胃腸の不調を発生させます。

これらを防ぐためには、
湿を発散させることが大切です。
まず、代謝を良くするため
①汗をかくこと
段々暑くもなるこの時期、外出をひかえ過ぎていると
体内に湿が溜まりやすくなってしまいます。
軽い運動・入浴などで汗をかくようにしましょう。

②体を冷やさない
クーラーなどが効き始めるこの時期、意外と体を冷やしやすい時期です。
体が冷えると、代謝も悪くなり汗もかかなくなり、結果
湿が溜まってしまいます。
特に下半身を冷やさないようにして、
着るもの、食事、入浴に気をつけて体を冷やさないようにしましょう。

③食事に気をつける
胃腸(東洋医学でいう脾)は湿に弱いです。
湿が多い時期は、胃腸の働きも悪くなりやすく
胃もたれ、下痢になりやすい時期です。
なるべく消化に良いものを取ることが大事です。
夏野菜には、体の余分な水分を出すという作用があります。
きゅうり、なす、ゴーヤ、トマトなどがあります。
また、ねぎやみょうが、にんにく、大葉など香りの強い食材は、
食欲を出したり、体を温める作用もあり、この時期にぴったりです。

後、飲みすぎに注意です。
ビールなどおいしい時期ですが、飲みすぎると体を冷やし滞らせる原因にも
なるので注意しましょう。

最後に、この時期おすすめのツボを紹介します。

 陰陵泉:ふくらはぎの内側にある太い骨、その縁を下から触っていくと、
    骨がカーブしていき、指が止まる所にあるツボです。
     湿を取り除く一番のツボといわれます。
    普段からむくみやすい方にもオススメです。

 足三里:膝のお皿の外側にある窪みから指4本分下にあるツボです。
    万能のツボとも言われますが、特に胃腸の調子、水分代謝に効果的です。
    普段から押しておくのがオススメです。

 三陰交:うちくるぶしから指4本分上にあります。
    胃腸の調子だけでなく、血行・代謝に良いとされます。
    女性の疾患にとてもよく使われるツボです。

 痛いけど気持ちいい程度の力で1~2分ほど押してみてください。

じめじめして気分も上がりにくいこの梅雨の時期
ここでしっかり養生して夏本番に備えましょう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
吉祥寺みやま鍼灸院
http://miyamahari.com/
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目14-8
TEL:0422-69-2318
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

安心の鍼灸治療で信頼と実績ある吉祥寺の当院からお知らせがございます

吉祥寺で人気の当院は定休日を除き、土曜も夜20時まで施術をご提供しております。臨時休業や年末年始等のお休みにつきましては、お知らせコーナーにてご案内いたしておりますのでご予約前にご確認いただければ幸いです。
当院では、疲れやコリが気になる部分から痛いところを中心に施術を行う40分コースと、全身の血行を促す70分のコースがございます。鍼灸治療の新たなコースやサービスのご案内も、お知らせコーナーにてご紹介して参りますのでご覧ください。
吉祥寺にある当院ではお体の痛みやコリが気になる方はもちろん、冷え性や生理痛などでお悩みの方、お疲れがたまってスッキリしない方へも、症状や目的に合わせて最適な施術をご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。